サーバーの作成

サーバーを作成する手順です。

IaaSではサーバー作成と同時にブートディスクが作成されます。 サーバー作成時は2つ以上のディスクを装着することはできませんが、後からディスクの追加は可能です。 また、作成同時にvirtioの設定、インターネット接続有無の設定、接続先スイッチの指定、セキュリティグループの設定を行うこともできます。

1.作成画面の表示

画面右上の「サーバー作成」ボタンをクリックします。

../../_images/create_1.png

2.新規作成操作

「サーバー作成」ページに遷移します。

パッケージ

OSテンプレート」「スナップショット」「パブリックISO」から選択します。 サーバーを作成すると選択したパッケージが自動的にインストールされます。

注釈

スナップショットの作成方法については、 スナップショットの作成 のページを参照してください。

警告

パブリックISOを選択する場合には、以下の点にご注意ください。

  • ログイン用認証キーとユーザーデータの指定は出来ません。

  • コントロールパネルのコンソールからネットワークの設定を行う必要があります。

  • 追加IPアドレスは使用できません。

  • ディスクの容量拡大を行った場合、OS毎に容量拡張のコマンドを実行する必要があります。

../../_images/create_2-1.png

スペック

スペックを選択します。

注釈

  • 推奨スペックの他にも様々なスペック選択ができます。より詳しいスペックの情報は こちら でご参照ください。

  • 画面で表示されているスペック以外のスペックを利用したい、または上限数を引き上げたい場合、 お問い合わせ ください。

../../_images/create_2-2.png

容量

表示している 容量 から選択します。

サーバーを作成するとブートディスクは選択した容量通りに作成されます。 ディスク名はサーバーと同じ名前になります。ブートディスクの詳細情報は ディスク一覧 から確認できます。

../../_images/create_2-3.png

ログイン用認証キー

作成済のログイン用認証キーから、使用したいログイン用認証キーを選択します。 作成済みのログイン用認証キーがなければ、 右上の「ログイン用認証キー追加」ボタンをクリックします。

../../_images/create_2-4-1.png

「ログイン用認証キー追加」ダイアログが現れます。 必要に応じてフォームの内容を変更し、 右下の「追加」ボタンをクリックします。

../../_images/create_2-4-2.png

virtio

virtioはストレージの読み書きやネットワーク転送といったI/O処理のパフォーマンスを向上するフレームワークです。

virtioを利用する場合は「ON」を、利用しない場合は「OFF」を選択します。 virtioをONにすることで仮想サーバーのI/Oが高速化されます。

警告

  • ISOイメージからのサーバー作成後にvirtioを変更することはできません。

  • OSによっては対応していないものがあるため、その場合はOFFにしてください。

../../_images/create_2-5.png

インターネット接続

有り/無しを選択します。

注釈

  • 「有り」の場合、サーバー用にグローバルIPがIPv4とIPv6で1つずつ発行されます。

  • 「無し」の場合、グローバルIPは付与されません。追加グローバルIPの設定も行えません。

  • 「無し」の場合、スイッチを選択する必要があり、セキュリティグループは指定できません。

../../_images/create_2-6.png

セキュリティグループ

セキュリティグループを選択します。 無しにすることができます。

注釈

セキュリティグループ追加の詳細方法は こちら で説明しています。

../../_images/create_2-7.png

スイッチ接続

インターネット接続を無しに選択する場合、事前で作成されたスイッチを選択します。

注釈

  • インターネット接続が有りの場合は指定できません。

  • サーバーにコンソールログイン後、お客様が直接設定することで、IPアドレスの設定は可能になります。

  • スイッチ追加の詳細方法は こちら で説明しています。

../../_images/create_2-8.png

コンソールパスワード

コンソールログイン用パスワードを入力します。

../../_images/create_2-9.png

注釈

設定したパスワードは コンソール起動 で使用します。

ユーザーデータ

サーバー作成後に実行する処理(シェルスクリプト、コマンドなど)を入力します。 入力しなくても問題はありません。

記述例

#!/bin/bash
useradd admin -p admin

注釈

  • 1行目に shebang の記述が必要です。

  • ファイル等のパスはフルパスで記述します。

警告

OSテンプレート以外のパッケージで作成した場合はOSの種類によってサポートされない可能性があります。

../../_images/create_2-10.png

サーバー名

サーバー名を入力します。 デフォルトで「サーバー_yyyymmddhhmmss」で入力されています。

../../_images/create_2-11.png

備考

備考を入力します。 ブランクでも問題ありません。

../../_images/create_2-12.png

3.作成の実行

選択したスペック・容量に応じた料金が表示されます。 「サーバー作成」ボタンをクリックして、作成実行します。

内容に問題がある場合は項目ごとにエラーメッセージが表示されます。

../../_images/create_3.png

4.作成完了

サーバー一覧画面に遷移されます。 作成中の状態表示がしばらく続いた後に完了します。 作成直後、サーバーは起動済みの状態となります。

../../_images/create_4.png